【実例】おしゃれなレトロ風インテリア

 
レトロ風インテリアは、欧米で1960年代に流行った、昔ながらの雰囲気を保った温かみのあるスタイルです。今日は、レトロ風インテリアで自宅を生き生きさせる方法を紹介!



【コーディネートの手順とポイント】


1. レトロ風ソファー、ベッドカバー、クッションの選び方:


直線、曲線、円など、大胆な幾何学がレトロ風インテリアの特徴


レトロ風インテリアの特徴は存在感のある配色と柄です。直線、曲線、円など大胆な幾何学模様を選びましょう。特にレトロな壁紙は一つで部屋の雰囲気が変わります。




レトロ風インテリアの装飾品によく使われる色は、シルバー、オレンジ系、ライムグリーン、青緑色。

まずは、中間色のベースカラーを選び、それに一つアクセントカラーを組み合わせます。


例えばブラウンを選んだら、色味の違うブラウン何色か使い、それにアクセントカラーはシルバー、オレンジ系、ライムグリーン系や、青緑色、空色どれでも結構なので、組み合わせます。




2.レトロ風照明の選び方


レトロ風のふんわりとした感じを出すには、間接照明を多用しましょう。


ランプ一つで驚くほど変わります。レトロ風の笠の付いたペンダントライトもいいですし、レトロなラバライトもおすすめ。



3. レトロ風家具の特徴:

レトロ風インテリアもう一つのポイントが家具。有名なデザインがいくつかあります:エッグチェア、レトロな電話機、赤い冷蔵庫など。


家具は、中間色から暗めの木製のを選びましょう。また、明るい色のプラスチック家具もおすすめ。私はオレンジがおすすめです。



ご覧のように、単なる歴史の模写でない、モダンな工夫を加えたレトロインテリアが人気です。海外旅行の際に、当地のインテリアショップをめぐって、掘り出し物を見つけてください。