【実例】女性らしいフランス風インテリア

 
シャビーとは、みすぼらしいとか、古びたという意味ですが、フランス人の手にかかれば、あら不思議、女性らしいインテリアに早変わりです。


都会の喧騒から離れ、落ち着いた雰囲気出すインテリアです。写真を何枚か列挙しておきますので、ぜひ参考にしてください。




フレンチシャビーは、白、アイボリーなどの中間色を多用した柔らかいインテリアです。最大の特徴が、この古びた感じの家具。新品でも、わざとアンティークっぽく作っています。



温かみのあるインテリアなので、コテージにぴったりですが、自宅でも十分取り入れられます。お店でも売っていますが、本国フランスでは自分で普通の家具をフレンチシャビーにする人も多い。なんかの酸を使って。





壁は白を使いましょう。古びた家具の背景として最適です。これに、パステルピンク、淡いベージュ、淡いブルーなど、ロマンチックな色を加えます。花柄モチーフも壁紙もとてもよく合います。




ソファー、クションの生地も、少し古びたものがいいでしょう。レースもよくあいます。









雑貨に関しては、透明なガラス瓶に、少しくすんだ色のお花や植物を置いてもとてもかわいいです。